障害年金等の額改定の請求要件の緩和     2014年03月14日

障害年金の受給権を持っている人が、障害の程度が増進した場合の年金額の改定請求は、
前回審査を受けた日から1年経たないと、請求できませんでした。

これが、26年4月より、「障害の程度が増進したことが明らかである場合」は、
1年待たずに請求できるようになります!

ただ、どんな場合かという具体例が、まだ出ておりません。
厚生労働省より発表され次第、お知らせしますね!

※ただし、精神の障害は、そちらには含まれないようです。