障害年金は請求しないともらえません     2013年07月24日

厚生労働省は18日、障害年金を受給できるのに請求手続きをしていない人が、身体障害者手帳を持つ20歳以上の人のうち0.4%程度に上るとの調査結果を明らかにし、制度の周知徹底が政府に求められそうです。
手帳保有者の数から推測すると、請求漏れは2万人程度とみられるとの事ですが、精神障害者や知的障害者の調査は実施していないことから障害年金全体の請求漏れは2万人を上回る可能性が高いとの事です。

障害年金は請求しないともらえません。障害年金がもらえるのに、請求していない方は、ぜひ請求してください。

ただし、障害年金は、
1、初診日
2、保険料納付要件
3、障害等級に該当
3要件がそろわないと、受給できません。

障害年金の障害等級は、障害者手帳と違いますので、障害者手帳を持っているからかといって、障害年金の障害等級に該当するとは限りません。
障害手帳2級を持っている場合でも、障害年金3級にも該当しないケースも多々あります。

当事務所では、初回無料相談をさせていただいております。どうぞお気軽にご相談ください。