出産前に、保育園の確認もお忘れなく     2016年03月09日

認可保育所に入れない待機児童の話が、大きなニュースになっていますね。

当事務所のある大阪府吹田市も、大型マンションの建設ラッシュがありましたので、

多くの待機児童を抱えることになっています。


当事務所でも、出産前のママさんのお悩み相談をお受けすることが多いのですが、

保育園について出産前から気にしている人は、二人目以降の出産の方ばかりです。

一人目出産の方は、出産や育児の不安が大きくて、まだ仕事復帰のことまで考えられないんですね。

もちろん、それも仕方がないことです。

でも産前休業に入ったら、ぜひ近くの保育園の情報を集めてください。

申し込み時期、方法、優先順位など、保育園に入るためには、とっても大切です。

市役所で詳しい資料等がもらえると思います。


また、残念ながら保育園に入れなかった場合の、認可外の保育園の情報や、

欠員が出た場合の優先順位なども、しっかり確認しておきましょう。

会社にも、育児休業が延長できるかどうか、確認しておいてください。


保育園の場合、年度ごとに、定員が増えることが多いです。

0歳児クラスの4月に定員9人

1歳児クラスの4月に定員12人

2歳児クラスの4月に定員18人など・・・

その場合、一番入りやすいのは、0歳児クラスの4月という場合がよくあります。

保育園の入りやすい時期も考えて、仕事の復帰時期を会社に相談してみてくださいね。